ソーラーパネルの仕組み

太陽電池が発電するしくみは、おおもとのところは非常にシンプルな構造になっています。太陽から光のエネルギーが地上に向かって降り注ぎ、それが太陽電池に照射されると、「光起電力効果」が発生します。これが電気をつくります。つまり 光が照射されることで、太陽電池を構成している半導体の電子が動きまわり、電気が発生するのです。

ちなみに、この現象はいろんなもので起きる現象です。一種の科学現象です。現在、 太陽電池には、シリコン系と化合物系、有機系という種類があって、それぞれ異なる特徴を持ち、発電効率がちがいます。最近の主流はシリコン系で世界の生産量の80%をしめています。そして、ソーラーパネルというものは、その太陽電池をたくさんつなげたものなのです。つまりソーラーパネルに太陽光が当たり電気が発生するのです。

ちなみに、良く言われる小さな単位を「セル」と言い、セルを板の形に何枚もつなげた単位を「モジュール」、もしくは「パネル」とよんでいます。家庭用の場合、室内にモニタ-装置と分流装置を設けて、利用分と売電分を分けますが、 遊休地にソーラーパネルを設置した場合は全量買い取りなのでメーター機能だけを設けて、電力会社に送るようになっています。ちなみに、2ヘクタールの広さを持つ土地におかれたソーラーパネルは、約1MW(1,000kW)の定格出力の電力を生み出すことができます。これは相当な電力量と言えるでしょう。

You Might Also Like